ジビエ肉について
関連ページ

肉の種類

日本で有名なジビエといえば、捕獲数や被害の多いシカ、イノシシが挙げられますが、実は狩猟の対象となっている野生鳥獣は全てジビエとして定義されます。シカ、イノシシ、野ウサギをはじめ、山鳩、真鴨、小鴨、尾長鴨、カルガモ、キジ、コジュケイ、最近話題のカラス、またフランスでは狩猟禁止で貴重なタシギ等の鳥類や、ヌートリア、ハクビシンといった珍しい動物も含まれます。

日本のジビエ肉の種類

ジビエ肉の栄養価

ジビエ肉の栄養価

ジビエの美味しい調理方法

ジビエの食肉ジビエと聞いただけで、苦手だと感じられる方もいると思います。その多くが、肉が硬い、くさみがある、不味い、といったイメージや経験からきているかと思います。しかし、ジビエは調理方法次第でとても美味しくなる食材です。

野山を駆け巡る動物の肉は脂肪が少なく筋肉質、加えて独特の野生の香りを持っているため、普通の肉と同じ調理方法では、その美味しさや旨みを引き出せません。
また、同じ種類のジビエであっても、育った環境や食べていたもの、年齢や健康状態などで肉質や香りが全く違うため、その個性を見極めて調理する必要があります。

肉の焼き方を少し工夫するだけで、誰でも簡単にジビエを美味しく調理することができます。ジビエ特有の臭みや硬さがなくなり、とても食べやすくなります。
ジビエ料理はヘルシーで栄養も豊富なため、一部のファンや猟師だけではなく、全国の方にも食べていただき、美味しさを知ってもらえればと思います。

協会では全国各地で開催されるジビエ料理の講習会のご案内をしています。是非ご参加下さい。

真空低温調理法で出来立ての美味しさを

 

ジビエを気軽に、安全に食べてみたい!という方にピッタリなのが、真空低温調理法で調理したジビエ商品です。

あまり聞きなれない調理法かもしれませんが、実は、真空の袋の中で調理をするため旨みと栄養を外に逃がさず、しかも無添加、味も素材にしっかりと浸透するので調味料が少なくて良いという、良いことづくめの理想の調理方法なのです。

袋に入っている、という見た目からレトルト食品と間違われてしまいがちですが、長期保存のために調理した後、添加物や保存料と一緒に料理を袋に入れるレトルト食品とは違い、真空低温調理法は安全で栄養と旨みたっぷり、そして、袋を開けた瞬間から出来立ての美味しさを味わえます。