地域に向けたジビエ基礎知識セミナー

開催趣旨

捕獲したシカやイノシシをルールに則り、正しく衛生的に食肉利用するために必要な基礎知識をお伝えするセミナーを、全国3カ所で開催します。
食肉処理施設でジビエを取り扱う場合の衛生管理方法、筋肉質なジビエを美味しく安全に調理する方法のほか、シカやイノシシの皮革や骨などの活用事例も紹介します。ぜひ、ふるってお申込みください。

セミナーパンフレットはこちら

※本セミナーは農林水産省「令和4年度鳥獣利活用推進支援事業(利活用推進)」の一環として開催いたします。

日程と会場

山梨会場

2022年10月20日(木)
場所:恩賜林記念館(山梨県甲府市丸の内1丁目5-4 舞鶴城公園内)

会場アクセス情報

福岡会場

2022年11月4日(金)
場所:中村調理製菓専門学校(福岡市中央区平尾2-1-21)

会場アクセス情報

大阪会場

2023年1月13日(金)
場所:辻調理師専門学校(大阪市阿倍野区松崎町3丁目16-11)

会場アクセス情報

対象

①食肉処理施設従事者
②自治体のジビエ担当者

募集人数

各会場30名

参加費

無料

お申込み方法

本ページ下部のお申し込みフォームよりご送信ください。

プログラム内容

(1)ジビエの取扱いに関わるルールや制度について

講師:一般社団法人日本ジビエ振興協会

食品衛生法の改正により、2020年から食肉処理施設等すべての食品事業者がHACCPの考え方に沿った衛生管理を実施することが義務付けられました。トレサビリティ(履歴管理や自主回収)の体制づくりと併せて食品等のリコール情報の報告の義務化など、食肉処理施設が知っておくべきルールについて紹介します。

(2)捕獲から食肉処理における衛生管理方法について

講師:一般社団法人日本ジビエ振興協会

捕獲現場での止め刺しから運搬、食肉処理施設での解体処理における衛生管理方法の詳細について説明します。

(3)外食産業でのジビエ取扱いの動向

講師:一般社団法人日本ジビエ振興協会

ジビエは外食産業でも注目されるようになってきました。各地の飲食店だけでなく、大手外食事業者や社員食堂等でも利用が広がっている中、ますますジビエの安全性が問われるようになっています。外食産業でのジビエの取扱いの動向についてお伝えします。

(4)鹿や猪の皮革の活用方法

講師

(山梨会場)山梨県産業技術センター 串田 賢一 氏
(福岡会場)山口産業株式会社 山口 明宏 氏
(大阪会場)革工房シエロ・スカーラ株式会社 廣江 昌晴 氏

令和3年の鳥獣被害防止特措法一部改正により、捕獲したシカやイノシシの皮革活用の推進についても追記されました。鹿や猪の革の活用事例についてご紹介します。

タイムスケジュール

14:00~14:05 開会
14:05~14:25 ジビエの取扱いに関わるルールや制度について
14:25~15:00 捕獲から食肉処理における衛生管理方法について
15:00~15:10 休憩
15:10~15:40 外食産業でのジビエ取扱いの動向
15:40~16:10 鹿や猪の皮の活用方法
16:15 閉会

※3会場すべてで共通です。

お申し込みフォーム

必須申込会場
必須氏名
必須氏名(ヨミガナ)
必須所属団体
任意役職
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認用)
必須携帯電話番号(当日連絡がつく番号)
任意自由記入欄(ご質問等)

※複数人でお申込みされる場合は、代表者様のみ上記情報をご記入いただき、参加される方のお名前を自由記入欄にご記入ください。