第2回ジビエ料理コンテスト

第2回ジビエ料理コンテストを開催(応募受付終了)

ジビエとは、フランス語で、狩猟によって捕獲された野生鳥獣のことを言います。

ジビエは家畜にはない風味や滋養のある魅力的な食材です。このコンテストでは、安全で美味しく親しみやすい メニューをご提案いただき、ジビエをより日常的な食材として普及していくことを目的としています。

第1回ジビエコンテスト結果

昨年の第1回ジビエ料理コンテスト入賞レシピをご覧頂けます。 第1回ジビエ料理コンテスト入賞レシピ紹介

応募要項(応募受付終了しました)

応募条件

プロ・アマを問いません。

調理師、栄養士などのプロの方でも、プロを目指す学生、家庭の主婦、料理愛好家などのアマチュアの方でも応募することができます。

メイン食材

国産イノシシ肉 または 国産シカ肉

厚生労働省のガイドラインに則って解体処理をしていることが確認されている食肉処理施設から購入するなど、 安全性の確保されたイノシシまたはシカの精肉の使用を必須とします。
食肉処理施設リストはこちらの紹介ページを参照 (http://www.gibier.or.jp/rule/facility/

応募期間

応募締切 2017年12月31日(日)

【応募締切について:当初12月15日を締め切りとしておりましたが、変更させていただきました。】

募集内容

国産ジビエ(イノシシまたはシカ)を利用した、栄養豊富で美味しく安全な「家庭料理」
または「給食アイデア料理」のオリジナル・レシピ。

応募部門

  1. 「家庭料理」 部門
  2. 「給食アイデア料理」 部門

「家庭料理」部門

「給食アイデア料理」部門(学校給食として食べてもらえたらいいなと思う料理)

その他審査基準

【厚生労働省の指針では「中心部の温度が75℃で1分間以上又はこれと同等以上の効力を有する方法により、十分加熱して喫食すること」とされています。 】

賞について

農林水産大臣賞(各部門1名ずつ) 2名 農林水産省農村振興局 局長賞(各部門1名ずつ) 2名 国産ジビエ流通規格検討協議会 会長賞(各部門1名ずつ) 2名

審査結果は 2018年1月中に本特設ページ内にて発表いたします。

審査結果について、募集期間の延長に伴い、発表を延期させていただきます。

結果発表は表彰式終了後、2月15日(木)夕方に公開いたします。

また、入賞レシピは(一社)日本ジビエ振興協会ホームページ等にて紹介する予定です。

表彰式等

日程
2018年2月15日(木)
会場
エコール辻東京[http://www.tsuji.ac.jp/college/ecole_tokyo/
【住所:〒186-0003東京都国立市富士見台2丁目13-3】
主催
国産ジビエ流通規格検討協議会(事務局:一般社団法人 日本ジビエ振興協会)
協力
辻調理師専門学校
エコール辻東京
上位入賞作品
※上位入賞作品は表彰式当日、審査委員会所属の調理師により再現調理されます。

第2回ジビエ料理コンテスト審査委員会

注意事項